短距離走を早く走ることができる人はスタートする瞬間から出遅れないように走り出しています。
だから普段からのスタート時のダッシュの練習方法がとても大切になってきます。

練習方法としてはスタートの構えをして前に倒れないギリギリのところで全身の体重を足先にかけバランスをとります。

ちょうど良い状態でダッシュする練習を繰り返します。
スタートで出遅れないでダッシュし加速する感覚を身につけるのにとても有効な練習方法です。

次にスピードに乗って加速していく方法としてひざの上げが足らないとスピードに足の回転がついていけず足が後ろに流れてしまいスピードに乗り切れなくなるのでひざを大きく前に出して走る練習が必要です。

その場でのひざの上げ下げする練習方法が効果的です。
このとき背中が丸まったり後ろに反ったりせずに背筋はまっすぐに伸ばします。


長距離を早く走れるようになるためには、途中での水分補給が大切になってきです。

ミネラルや糖分を多く含んでいるスポーツドリンクは疲れた体を早く回復させる効果があります。

吸って吸って吐いて吐いてのリズミカルな呼吸法で完走できるのかが長距離走を早く完走するためにはとても重要です。