福島大学陸上部の「速い走り」が身につく本には、池田久美子や丹波朝美に久保倉里美など陸上競技の日本記録保持者を育て上げられた

名監督者である福島大学陸上部の川本和久さんの独自の理論に基づいた「速い走り」が身につく本です。

川本和久さんはアメリカでカール・ルイスのコーチだったトム・テレツに学んだ経歴があります。

川本理論に基づいて「早い走り」を身につける方法では写真を掲載し詳細に解説していて誰にでも足が速くなるトレーニング法など野球やサッカーやテニスなどのあらゆるスポーツに応用ができます。

早く走るためには重心をずらす・初めの一歩・ニ直線上・体を一本の棒にするという4つのポイントをつかめば誰でも早く走ることができます。

早く走ることができれば競技での成績は向上し良い結果となりさらにスポーツすることが楽しくなります。

福島大学陸上部の川本和久さんの「速い走り」が身につく本は「早く走りたい」と思って日々練習に励んでいるすべての人に向けての“走り方”が解説されています。

川本和久さんの「速い走り」が身につく本を参考に楽しさにつながる速い走り方を習得しましょう。